SDIM0222

平 原当麻「ライナスと毛布」

美しい詩を一篇

かく のりたまゐをエて みあイまして  
みこ あわがのほのさわけのしまを うみたまイき
つぎに いよの ふたなのしまを うみたまウ 
これのしまハ みひとつにして おもよつあり おも
ごとになあり かれ いよのくにを えひめといイ 
さぬきのくにを いゐよりひこといイ あわのくにを おおげ
つひめといイ とさのくにを たけよりわけといウ つぎに
おきの みつごのしまを うみたまウ なハ
あめのおしころわけ              
                    
つぎに つくしのしまを うみたまウ これのしま
も みひとつにして おもいつあり おもごとに 
なあり かれ つくしのくにを しらひわけといイ とよくにを
とひわけといイ ひのくにを はやひわけといイ ひむが
のくにを くしひねわけといイ くまそのくにを たけひ
わけといウ                
つぎに いきのしまを うみたまウ なハ あめ
のひとつはしらといウ             
つぎに つしまを うみたまウ なハ あめのさ
てよりひめといウ              
つぎに おきのみつごのしまを うみたまウ 
なハ あまのおしころわけといウ         
つぎに さどのしまを うみたまウ なハ ふた
ごしまといウ               
つぎにおおやしまとよちがはらを うみたまウ こ
れの あまつみそらとよちがはらのくにハ み ひとつ
にしておもとういつあり おもごとになあり かれ やまと
のくにを あきつねわけといイ つのくにを くさきね 
わけといイ あわみのくにを あわみねひこといイ いせの
くにを いせつひめといイ とウとウみのくにを とウつみ
わけといイ むさのくにを むさつみわけといイ ひだ
のくにを よちぢひめといイ しなぬのくにを さよりしぬひこ
といイ ぬのくにを ぬちぢひめといイ みちのくのくにを
ちぢのくわけといイ こしのくにを こしねわけといイ たに
ばのくにを たにばわけといイ いづものくにを いづもわけ
といイ あなとのくにを あなとねわけといイ きびのくに
を きびつねわけといウさてのちにかゑりましし
ときに きびのをしまをうみたまウ なハ たけひ
がたわけといウ つぎに あつきしまをうみたまウ なハ
おおぬでひめという つぎに おおしまをうみたまウ
なハおおたまるわけといウつぎに ひめしまを  
うみたまウ なハ あめのひとつはしらといウ    
つぎに ちかのしまを うみたまウ なハ あめ
のおしをといウ               
つぎに ふたごのしまを うみたまウ なハ あめ
のふたやといウ              
またいざなぎのみこと いざなみのみことハ あま
つかみの みもとに あほしまして しまのやそしま
を うみをエたるさまを つぶさに まをしたまゑば
あめのみかみ もろともに のりたまイつらく  
その うめりし やそしまを もとつくにとなし
て やももちよろづぢのしま くにをまけとて あめのやす
のかはらなる あまつまさごを よさしたまイき 
                    
かれ ふたはしらのおおかみ ちぢのくのたけに たたしまし
て あまつおおかみの たまゑりし あめのまさごをとり
つて うしろでに ふきまかしたまゑば やそぢ
のしまとなる なハ えぞといウ       
こしのねわけのたけに たたして ひたりのみてもて
まかせたまゑば ちぢのしまなりき なハ 
おろといウ たにばわけのたけに たたして ひたりのみ
てもて まかせたまゑば ふとしまなりき なハ
いくつむろといウ たけに いたりまして みぎりのゆび
もて はじきたまゑば ころしまなりき なハ 
いくつふきといウ また ひとみとのみてもて ま
かせたまゑば おおち おちのしまなりきなハ 
かるといウ また えひめのたけに たたして 
みぎりのみてもて まかせたまゑば みつこりしまなり
き なハ りきウといウ また かさねて まかせ
たまエば ふたしまなりき なハ あもといイ  
あかといウ とウつみわけのたけにたたして みぎりのみ
てに まかせたまゑば やつぢおおちしまなりき                   
なハ こゆかる うかる といウ かれ ところ 
とこ々ろのしま おおき ちイさきハ あめのまさごの ほこりの
しをなわに こりなれるなり

うゑつふみ